日  誌

辺野古 阻止行動船カンパ
カンパ報告の頁へ 
 上記、カンパはすでに「命を守る会」に手渡し致しました。
今後、順次、カンパをいただいた団体名、また個人についてはイニシャルで報告していこうと思っています。
ありがとうございました。m(__)m

辺野古と共に!国会前座り込み
 国会座り込みの様子を毎日更新!!

2005年3月C
3月Bへ 3月Dへ

3月13日(日)日誌
『クロワッサン』2005年 (3月25日号)bU57、380円。
64頁『女の新聞』に、「辺野古カヌー隊」の記事が掲載されました
嘆願書に署名を
HOME FOR VOICEの津田です。
みなさんにお願いがあって、メールをしています。

実は私はHOME FOR VOICEのほかにCCS「世界の子どもと手をつなぐ学生の会」という外国の文化的背景をもつ子どもの
学習支援やエンパワメントを行うNGOに携わっていますが、そこに超過滞在の子どもがいます。

彼女は去年在留特別許可申請を行ったのですが、先日母親の職場に警察がきて、母親は連行されてしまいました。1ヶ月以内に口頭審理があり、その結果次第では強制送還になる可能性があります。

なんとか強制送還を阻止するために、残された1ヶ月という短い期間でできるだけ多くの署名を集めて、口頭審理までに提出しなければなりません。

以下にメールによる署名文と署名欄を載せておきます。以下の署名の趣旨に賛同していただけるようでしたら、署名をお願いいたします。

みなさまご協力をお願いいたします。
______________________________________________________________
署名の趣旨
現在、都内の私立高校に通学する
ウォン ジャイ(JAYZEL ANN WONG PORIA)さん及びその両親が超過滞在を理由にフィリピンに強制送還の危機にあります。
ジャイさんは14年前3歳の時に来日し、以後日本の学校に在学してきています。

ジャイさんの日常的に使用可能な言語は日本語のみで、フィリピンで使用されているタガログ語はほとんどできず、英語能力も学校の教科レベルのみで、会話もできません。
家でも学校でも日常会話は全て日本語で、すでに日本語が母語となっている状態です。文化様式においても日本のものにすっかり溶け込み、交友関係及び生活の基盤は完全に日本にあります。

またジャイさんは学校以外にも、CCS(私達のボランティア団体)の学習教室に現在まで3年間に渡って熱心に通ってきており
真面目に勉強に取り組み続けています。

現在、滞在年数が長期にわたった外国人に対しては、日本社会へ順応し、本国に帰国しても通常の生活が送ることが困難になったことに注目して、法務大臣から特別に在留を認められる可能性があります(在留特別許可)。ただし、許可をするか否かは法務大臣の広い裁量に服するとされ、ジャイさんが家族と共に在留特別資格を得られるか否かは全く不透明な状態です。

3歳で日本に来たジャイさんは本人の意思で日本に来たのでも、超過滞在になったわけでもないので、本人に責任はありません。またジャイさんが日本で教育を受ける権利は「子どもの権利条約」という国際条約で保証されており、ジャイさんの日本滞在は認められるべきものです。そしてジャイさんが未成年だということを考えれば、当然その両親の滞在許可も必要です。

ジャイさんについては幼くして来日しているので、すでに日本人と同様に日本の生活に順応し、本国で生活を送ることが著しく困難な事情があります。それゆえ私達はジャイさんと家族がこのまま日本に滞在を許され、特にジャイさんについては本人の希望通り高校で勉学を継続し、大学にも進学できることを切に願っています。

どうぞ署名の趣旨にご賛同いただき、ご署名くださるようお願いします。
==============================

嘆願書

法務大臣殿

ウォン ジャイ(JAYZEL ANN WONG PORIA)は3歳の時に来日し、その後小学校・中学校・高校と日本の学校に通っています。
中学3年次より「CCS 世界の子どもと手をつなぐ会」が運営する学習教室にも参加し始めました。毎週土曜3時間程度、英語・数学・国語といった教科を勉強し、高校進学も無事果たし、高校生になった現在でも真面目に学校生活や将来について話をしたりと、とても明るく活発な女の子です。スポーツインストラクターになるという夢を抱き、日々努力している彼女がこの日本社会で自己実現していけるようにどうか、ウォン ジャイとそのご両親に在留特別許可を付与していただけますよう、よろしくお願いします。


氏名:

住所:

==============================

みなさんの署名によって、ジャイさんが今後も日本で生きていく可能性が高くなります。

どうかご協力をお願いします。

****************************
津田 知子(TSUDA TOMOKO)
t.tsuda@sunny.ocn.ne.jp


3月12日(土)日誌
石神井高校・卒業式行動に
関町住民など21名が決起!
午前8時前、石神井(しゃくじい)高校正門前に登場
 昨日、農芸高校の保護者として、
不起立を闘った住民も参加
 高校生も見ている
近所の小林弁護士さんが監視行動に来てくれました
保護者の方「絶対、不起立します!」   リンタロウも決起!
 「頑張ってきます」とおじぎをする保護者。反応がとても良い。
卒業生「これからはOBになるが石神井高校を変な方向にはしたくない」
 10時前、そろそろ登校も終わり、「ヨッシーとジュゴンの家」と関町住民がピースウォーク!
 ビラをまいていた住民を警察に売り渡した副校長がインネンをつけて来たので怒るハネやん
12日の「街」
 3時のオヤツ 丸山さんからの差し入れ
 夕食はカキの味噌チゲ鍋 チューやん作の切干大根 ディパックさんのカレー

3月11日(金)日誌
 練習をするヨッシー 昼食は厚揚げハンバーグ、焼きさつま揚げ、
揚げナスのおろしあえ他
古い掛け時計を調べる珍宝堂社長。
心臓が悪いので閉店するそうです
夕食はチキンソテー、ネギ・ピーマンのソース  コールスロー・サラダ、揚げた餃子の
皮をトッピング
ミート・ソース・スパゲテイー
11日の国会前、座り込み
小雨。参加者6人
沖縄から帰ってきた芦沢さん、元気
いっぱいでした。

レインボー・ウォリアー号に乗ったことや
単管やぐらでの座り込みの話をしてくれ
ました。
板橋高校の卒業式で
川添@百万人署名運動事務局です。

11日(金)の板橋高校の卒業式ビラまきに行ってきました。ここは昨年、藤田先生(元)が「威力業務妨害」で起訴されたところです。
地域の人をはじめ10人以上がビラをまきました。全国連絡会(通称あんころ)事務局の八尋さんも駆けつけて来て、自筆のビラを配っていました。

昨年のことがあったので警察が弾圧してくるかと思いましたが、公安刑事の車が何度か徘徊しているのと、遠くで隠れて様子を見ている刑事が2〜3人いる程度でした(これもよくないことだが)。そのかわりに、新聞記者が6〜7人、韓国MBCのカメラがずっと回っていました。私もインタビューを受けました。

そのとき、校長が出てきて、マスコミもどっと集まり、「学校の指導方針に反対するビラはまかないでください」

どういうことですか? 強制には反対しますから。

「強制ではありません。学習指導要領に基づいてやっていますから」

どこに何が書いてあるというのですか?

「国旗国歌を尊重する精神を養うために、指導しています」???
そんなこと書いてないでしょ! ウソだ、憲法違反だ、戦前と同じだ、など抗議の声。
(ここで副校長が割って入り、校長を学校の中に引き戻した)

さて、土屋都議が来賓で来るかと思っていましたが、正門を通過せず、わかりませんでした。教育委員会は今回は1人だそうです(昨年は5人)。新聞記者の話によれば、卒業式監視にたくさん派遣して都教委は金の無駄遣いをしていると言
われて、体制を減らしているとのこと。でも重点校はたくさん派遣しているみたいです。

<学生さんからのメール>
10日、板橋高校卒業式のリハーサル。生徒の受け取りがすごく良く、用意した250枚が1時間でなくなりました。生徒からは、「強制は良くないですよね」「俺、立たないもん」「ビラ3度目」「頑張って下さい」「これうちの事書いてる」「こんなことするから板高の評判悪くなんだよ」「右翼とか左翼とかめんどくさい」「ビラまいてどうなんすか」など、すごく反応がありました。校長と副校長が出てきて、「指導している内容と違うから、撒かないで下さい」と言ってきました。

「立って歌うように生徒に指導しているのですか」と聞くと、「学習指導要領に基づいて指導している」と言っていました。こっちは、「強制はダメ。戦争への道です」と言いました。校長は、すぐに行ってしまった。警察も来ず。 以上報告です。明日は卒業式。土屋は来るのかなあ。楽しみだ。
都立高校卒業式速報@
学生さんのメールニュースです
■□■ そこが知りたい!「日の丸・君が代」反対メールニュースJ■□■
●第11号 2005/3/11付●
*転送歓迎! 友だち・知り合いにもどんどんまわして下さい!

(目次)
■3/11午前 都立高校卒業式速報@
■全国の大学生・高校生で3/10都教委抗議デモ
■3/9、農産高校ビラまきで不当逮捕された仲間が釈放
■行動のお知らせ
■投稿のお願い

■3/11午前 都立高校卒業式速報@
★今日も朝から、卒業式のある都立高校へのビラまき行動が行われています。正午現在、寄せられている報告を紹介します。

[江戸川区・小松川高校卒業式]
正門でビラまきを行っているとき、組合の先生が話かけてくる。今年は、不起立で「処分」されそうな組合員は、式場の外に出されているとのことらしいです。昨日の卒業式リハーサルでは、複数の先生が声をかけてきて、「ごくろうさん。弾圧に気を付けて」「本当は私もいっしょにやりたいのだが、立場上厳しい。しめつけが強くて。ありがとう」。高校生は「ビラをよく読んで(立たないかどうか)考えます」と言っていました。

[台東区・台東商業高校卒業式]
ビラまきを行っているところに、警察がやってきて「9:00までにビラまきをやめなければ排除する」と言ってきました。とんでもありません!ここも昨日は、副校長だけでなく、都高教第5支部の支部長という人も「余計なことをするな」と言ってきた高校。最後には機動隊の乗ったワゴンまでやってきました。

[大田区・雪が谷高校卒業式]
ここも、組合の先生は式場の外に出されているようです。ビラの受け取りはよく、約180枚配ることができました。

[福生市・福生高校卒業式]
米軍横田基地の近くにある福生高校の卒業式では、横田爆音訴訟原告団の方々なども正門前にかけつけ、総勢15人でビラまき・監視行動を行いました。

*他にも多くの卒業式でビラまき行動が展開されています。追って紹介します。

■全国の大学生・高校生で3/10都教委抗議デモ!

 昨日3/10の午後、全国の大学生・高校生約100人が新宿・柏木公園に集まり、東京都教育委員会に対する抗議デモが行われました。
「石原知事による『日の丸・君が代』強制反対!」ののぼり旗をひるがえして、石原都知事のいる都庁に向かってデモ行進。新宿の沿道は圧倒的注目でした。歩道橋には人が鈴なり。携帯電話のカメラでデモの写真を撮っている人がとても目立ちました。

 石原都知事のいる都庁第1庁舎前(9階が知事室)では、ひときわ大きく「強制やめろ!」「ファシスト石原打倒!」のシュプレヒコールをあげました。(石原が窓越しに覗きに来るかと注目したが、姿は見えなかった。残念!:筆者)さらに隣の都庁第2庁舎に居座る教育委員会の連中に対しても、怒りのシュプレヒコール。
これに対して、「日の丸」の旗をつけた右翼の街宣車(=石原知事の親衛隊)が、私たちの抗議の声に圧倒され、対抗的に軍歌を大音量で流しながらやってきました。
まさに石原の正体、「日の丸・君が代」の正体見たり! です。
今回の都教委デモは、大成功でした。次はもっとたくさんの大学生・高校生でデモしよう。石原のいる知事室にも直接押しかけよう!

*デモの様子は、ホームページhttp:www.zengakuren.jpで詳しく紹介します。乞うご期待!

■3/9、農産高校ビラまきで不当逮捕された仲間が釈放
警察を糾弾 準備書面
沖電気暴力株主総会、対警察裁判 準備書面5です。
先ほど裁判所に提出しました。
 
警察と企業の株主総会での癒着、腐敗を厳しく糾弾、
裁判所にも釘を刺しました。
 
 
 
 
 
 
田中哲朗

3月10日(木)日誌
昼食はオデン。美奈子さん、小島さん、タヌキさんも食べました  本多さんにいただいた餃子の
アンコで餃子をくるむ達人


マリちゃんが久々に来ました 夕食は中華丼 焼き餃子
フカヒレ風スープ

ゴボウ・サラダ
10日の国会前、座り込み
参加者6人、カンパ4.030円
千葉の労働者がCDを買ってくれました
 「ツバメ通信」(10)
<転送歓迎>

全国の仲間の皆さん!
3月8日付け「朝日」(夕)の記事の「建造物侵入容疑」はウソでした。本日(3月9日)17時前、被逮捕者は釈放されました。

以下に、都立高校教員から私のところに入ってきたメールを紹介します。

「農産高校ビラ撒き逮捕については、本日不当逮捕糾弾のビラ撒き。警官約40名。パトカー9台。警視庁公安部も来る。
 約20名で校長に抗議。代表と弁護士が校長と話し合い。校長は「敷地内に入っていない」と言う。(朝日新聞報道は警視庁情報か)。
 でっちあげの可能性が濃厚。背景に葛飾区議会報告ビラ(共産党)弾圧事件(同じ警察署)もあるかと。何はともあれ、当日取調書、被害届に校長が署名、捺印。明日、弁護士会館で警視庁記者クラブも含めて記者会見予定。

 ホットニュース たった今、農産高校逮捕者が釈放になりました。弁護士同席での校長申しいれの上記校長発言の結果かと思われます。

 野津田高校に続き、警視庁側の2連続敗北です。でっちあげ・不当逮捕糾弾の勝利。」

私のところに届いた別のメールでは次のように述べられています。

「○農産高校の逮捕について。校長が「敷地内に入っていなかった」といったことなどは百万人署名運動のサイトにあります。
野津田高校の場合も農産高校の場合も次のような形で逮捕されたようです。

1.ビラ撒きの人は敷地外にいた。
2.学校の通報を受けたと言って来た警察権力が「事情を聞きたい」といって、ビラ撒きをしている人を数人で押さえつけて、パトカーの中に押し込め、警察に連れて行く。

3.その後、校長に「被害届」を出させ、その時点で「逮捕する」ということのようです。
 つまり、敷地の中で撒いていたので、建造物侵入で現行犯で逮捕したというのはウソだということです。

4.農産高校の校長自身が「朝日新聞の記事はまちがっています」と言っているのです。
 朝日新聞はどうして「見てきたように嘘を書いた」のでしょう。
 警察が流した情報で記事を書いたということです。

○農産高校に対して、朝、葛飾の市民団体が不当弾圧弾劾のビラ撒きをして、9時から約1時間にわたり、弁護士と関係団体の代表が校長室で、逮捕に至る事実関係などを質す交渉をしました。
 本当に許せないことです。
 校長は民主主義や基本的人権を知らないとしか言いようもない有様だと思います。

○校長と都教委と警察がしくんで、ビラ撒き弾圧をしているわけですが、検事は「こういう逮捕では勾留請求もできない」といったということです。
 検事も驚く不当逮捕、人権侵害です。」

ファシズムはデマゴギー(つまりデマ)がその本質です。
だから、ファシズムは確かに凶暴で危険ですが、その本質を恐れることはありません。
ファシズムは、真実の光に照らされれば、あっけなく崩壊していきます。

本日は私の職場も卒業式。
送辞、答辞とも感動的でした。 
参加者の多くが泣かされました。
そこには真実が込められていたからです。
未組織のツバメも複数飛びました。

3月9日(水)日誌
 新亀さん、不動産屋の掃除に行く
 昼食は野菜とスパム炒めサンド  韓国ノリ・ツナ&たまねぎのサンド ピザ・トースト
 デザート  パイタンと遊ぶリンタロー
← NKK受信料不払いの手続きを
ミーティングする地域住民


夕食はウナギ卵丼、
三里塚のホウレン草炒め
松前白菜
豚汁   →

 「ツバメ通信」(9)
なお、今日、農産高校に申し入れに行ってきました。
詳しくは、http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/ で。

ビラまきに対し、また逮捕!嵐の中で東京では多くの人々が闘っています。

本日(3月8日)、「朝日」夕刊などでも報道されましたが、農産高校卒業式へのビラ撒きで1名が逮捕されました。
野津田高校で逮捕された2名が釈放されたばかりなのに、全くの不当逮捕です。

抗議先:農産高校長 須永 孝氏
〒124−0002 葛飾区西亀有1−28−1   
電話 03−3602−2865 
FAX 03−3602−8330

しかし、東京では、屈することなくビラまきが続けられ、ツバメも飛んでいます。
「強制・弾圧は、闘いを生み、広げる!」のです。

私たちの仲間からは、次のようなメールも入ってきました。「3月6日の都立高校の自治を守る現・元組合員集会は盛況のうちに終了しました。

約140名が結集し坂牛元委員長の音頭で団結がんばろうで元気よくおわりました。
次の行動が提起され、3月9日の午前8時から都庁第2庁舎前でビラまき、つづいて10時から都教委に申し入れ行動をすることになりました。

9時30分に都庁第2庁舎のロビーに集合です。元執行部の皆様の元気いっぱいの行動が見られることと思います。
時間がお有りの方ご参加よろしくお願いします。いろいろなところで動き出しています。まだまだやれます。」
また、多くの弁護士の方々も自主的に動いてくれています。
市民、労働者、学生、保護者もそれぞれの地域で動いています。
東京の高校の卒業式は11日、12日が山場です。

また、次のようなメールも「百万人署名運動」から流されていますので、下に貼り付けておきます。

<3月4日に都立野津田高校で逮捕され、6日に釈放された事件で、地裁八王子支部が、検察の勾留請求のための準抗告を棄却決定した内容を聞きましたので、その核心部分を転載します。

「本件被疑事実の要旨は、…ビラを配布する目的で、東京都立野津田高等学校の敷地内に立ち入り、もって、正当な理由がないのに人の看守する建造物に侵入したというものである。
 しかしながら、一件記録によれば、被疑者らが立ち入った上記高等学校の敷地部分は、同高等学校の門塀等物的囲障設備の外側に存在する土地であり、これを建造物侵入罪の客体である『建造物の囲繞地』と評価することは困難である。被疑者らが同高等学校関係者から敷地の外との境界線を示されて注意を受けたにもかかわらず敷地内に立ち入ったこと等、検察官主張の事情を考慮してもなお、同敷地部分が軽犯罪法1条32号にいう『入ることを禁じた場所』に当たるか否かはともかく、上記の結論は左右されないというべきである。」

東京地方裁判所八王子支部刑事第3部
裁判省裁判官 長谷川憲一
裁判官 小野寺明
裁判官 丹下将克>


3月Bへ 3月Dへ
2005年「街」日誌へ









inserted by FC2 system