日  誌

辺野古 阻止行動船カンパ
カンパ報告の頁へ 
 上記、カンパはすでに「命を守る会」に手渡し致しました。
今後、順次、カンパをいただいた団体名、また個人についてはイニシャルで報告していこうと思っています。
ありがとうございました。m(__)m

辺野古と共に!国会前座り込み
 国会座り込みの様子を毎日更新!!

リニューアルして、CDのイントロ部分が聴けるようになりました。
プロテスト
バンド
 
ヨッシー&ジュゴンの家
 http://www1.plala.or.jp/akahane/yosshi_top.html

5月のスケジュール
5/1(日) 「まよなかしんや、どうたっちメーデーライブ」(「ヨッシーとジュゴンの家」ゲスト出演)です。
午後のメーデーが終わってから、午後6時半ごろ、どうたっちに来てください。
辺野古でずーっと先頭で闘い抜いているしんやさんの迫力満点の歌アジテーションを
ワンドリンク2000円で堪能できます。
連休は  「ヨッシーとジュゴンの家」合宿の予定でしたが…
三々五々、辺野古に結集しよう!
 帰りは未定・・・再び、「革結成か
5/21(土)  館 野 公 一           ライブ in 「街」  チャージ 1.000円

2005年4月I
4月H へ 5月@へ


4月30日(土) 日誌
昼食はホットサンド  卵サンド 青木さん差入れのカブでミルクスープ
ズボン・コーナーです  夕食は刺身の盛り合わせ。カンパチ、
シマアジ、普通のアジ、スズキ、つぶ貝
青木さん差入れのカブの昆布茶漬け
 ← メカブ、


畑で取れた肉 →
ボーリング調査をとめよう! 辺野古命を守る会
24時間体制にはいって、5日目のお昼です。
辺野古に集まってください!
この基地建設をとめましょう!

4/30 pm12:00現在の状況をお知らせします。

防衛施設局は、警戒船を出動させていますが、作業船は出動していません。作業の動きは今の段階では確認されていません。しかし山中防衛施設庁長官の「24時間作業体制」の表明を受け、昨夜、那覇防衛施設局は警戒船、ゴムボートを出動させて作業強行を狙っていました。

海上行動隊は不眠不休で、今夜も阻止行動に入ります。海上阻止行動に参加される方は寝袋を持参してください、貸し出しもできます。

5/2には県民会議が、那覇防衛施設庁にたいして抗議行動を行ないます。みなさんも国会、防衛庁前にたいして抗議を集中してください。

そしてなにより、いまこそ辺野古に駆けつけてください!基地建設をみんなの力でとめましょうね!

辺野古沖 大型連休中も緊張続く 2005年 04月30日(土曜日 昼)

海上基地建設に伴うボーリング調査で国は辺野古沖の海上で26日から夜間も作業船を出していることから反対派住民の夜を徹しての座り込みも5日目に入っています。

去年9月に海上作業に入ってから、国は夕方には作業を終えていましたが今週火曜日からは、夜間も作業員を配置しているため、反対派住民これに対抗し徹夜での監視に当たっています。

昨夜から今朝にかけ海上だけでも23人が泊まりこみ、反対派の住民の疲労もピークに達していますが今夜も警戒態勢を解く事はないと話しています。


夜間作業、規定違反の疑い/辺野古調査 沖縄タイムス 2005年4月30日(土) 朝刊 23面
専門家「ジュゴンに悪影響」/施設局「足場設置は規定内」
 夜の海に怒号が飛び交う。「危険だ、どけ。作業をさせろ」「作業はダメ。早く帰って」。米軍普天間飛行場の代替施設建設に伴うボーリング調査で、那覇防衛施設局は26日未明から、掘削に向けた夜間の作業を実施している。反対派市民団体は、辺野古海域に生息するジュゴンに配慮し、施設局が規定した「作業時間」に違反するとして猛反発。24時間体制で阻止行動に当たっている。専門家も「ジュゴンに悪影響を与える」と危惧。調査は混迷を深めている。(北部支社・新崎哲史、石川亮太)

 施設局がまとめたボーリング調査の「作業計画」。この中で「作業時間」は「ジュゴンへの配慮」項目に、「ボーリング作業や弾性波探査の時間は、(中略)日の出1時間程度後から日没1時間程度前までの間で設定」と明記される。

 施設局側は「『ボーリング作業』とは掘削作業と認識しており、それ以外の作業時間は含まれていない」と主張。夜間作業で船数隻を辺野古海域で往来、照明をつけるなどして、リーフ内の単管足場の設置作業に取り組む姿勢だ。

 28日、反対派約15人の抗議に施設局側は「(夜間作業でジュゴンに影響が)あるともいえないし、ないともいえない。配慮はしている」と言葉を濁した。

 夜間作業の中止要請に対しては「(現場で)混乱が起きている」と認めた上で、「混乱を回避できる方策を今後、考える」と話すにとどめた。

事故の懸念
 夜間作業は、事故の危険性も懸念される。
 反対派は、作業の進行を止めるため24時間、足場に人を配置する戦略を展開。28日夜も20人余の反対派住民らが単管やぐらに上り、阻止行動に当たった。

 足場をめぐって両者の船が接近することもあり、船同士の接触や海上への転落など大けがも予想される。

 運転士として連日、海上に出る平和市民連絡会の平良夏芽共同代表は「施設局は安全作業というが、闇夜の作業は、両者にとって何よりも危険。卑劣な行為であり、全力で阻止する」と話した。

こじつけ
 夜間作業について、粕谷俊雄帝京科学大学教授(水生哺乳類学)は「間違いなくジュゴンに悪影響を与える」と危惧する。

 「ジュゴンがボートの音に反応することは研究結果でも確認されている。エンジンや照明のストレスが育児、成長に悪影響を与える」と話した上で、「『ジュゴンへの配慮』という項目を読めば、『作業』にエンジン音や照明の影響を考慮するのが常識。影響を与えないと解釈するなら、
こじつけでしかない」と施設局の保護姿勢に疑問を呈した。

休日構わず
 米軍普天間飛行場代替施設建設に伴う名護市辺野古沖でのボーリング調査で、那覇防衛施設局は、29日も午前8時ごろから、作業船など10隻を出港させ、ボーリング調査に向けての作業を始めたが、反対派住民らの阻止行動により、作業は進まなかった。反対派は、休日にも作業を強行しようとする施設局側に反発。抗議船10隻を出し、阻止行動に当たった。

辺野古の速報は →ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!
2005年04月30日
座り込み377日目
施設局の夜間に出ていた警戒船が帰り、施設局がシュワブから出てこないため、警戒しながらとりあえず陸に上がってきました。
今日もテントでは座り込み。
初体験のイカ墨汁。不思議なおいしさでした^^!  
 おはようございます。
今日は比較的よく眠れました!(^o^)
昨晩はパラパラと小雨が降り、急いでブルーシートを屋根代わりに広げました。
水も食料もあります^^!
今日も辺野古の海を守るためにがんばっていきましょう!\(^o^)/  
Posted by kitihantai555 at 06:50TrackBack(0)

4月29日(金) 日誌
辺野古集まってください! 辺野古命を守る会
8年間+376日間、基地建設を阻止しつづけています!
24時間阻止体制にはいって、四日目の夜を迎えました。

4/29pm19:30現在の阻止状況をお知らせします。

 日中、防衛施設局は10隻態勢でボーリング調査作業を強行しようとしました。それにたいして海上行動隊は、阻止船10隻・35人態勢で作業を阻止しました!

 しかし防衛施設局は規定の作業時間を経過しても、3隻の船とゴムボートを出動させ作業強行を狙っています。いっときの油断もならない、緊迫した状態が続いています。海上行動隊と防衛施設局のあいだには、こう着状態が続いています。

 海上行動隊は27名が単管足場(やぐら)に座り込んでいます。徹夜でボーリング調査を阻止するかまえです。4/28昨日、県民会議が、ボーリング調査-夜間作業を強行する那覇防衛施設局にたいして抗議行動を行ないました。この行動は継続して、5/2にも取り組まれる予定です。明日は土曜日、作業強行の可能性が高くなっています。しかしぼくたちは、テント・海上の阻止行動でのぞみます。

 政府-防衛施設局の卑劣な、24時間作業強行を許せません。
政府は海上行動隊から、人間らしい生活・営みのすべてを奪い取ろうとしています。ぼくたちはいま、真っ暗な闇の中で、食事をしています。そして政府は、みずからの作業計画をふみやぶってまで、ボーリング調査を強行しようとしています、その先にあるのは人殺しの軍事基地建設です。みなさん、いまなにより辺野古にかけつけてください!

 おじいやおばあ、うみんちゅが、からだをはって基地建設をくいとめています。海上行動に参加される方は、寝袋を持参してください。「沖縄の海!」とみなさんが想像される海の姿ではありません。とくに明け方、海上は冷え込みます。(ない方には貸し出します)力をあわせて、基地建設をぶっとめましょうね! 

この記事は、沖縄辺野古想いをつなげるカヌー隊のホームページから
泊まり込み4日目
やぐらでの泊まり込みは4日目になった。今日からゴールデンウィークにもかかわらず施設局は作業をしている、昼間も夜間も作業らしき作業はしていないがずっとへばりついている警戒船と海保の黒いゴムボートが不気味だ。連休中だけでも応援があればずっと海へ出ている人たちが少しは休養できる。応援お願いします。
  
Posted by fukukuru7775 at 20:50 TrackBack(0)
福嶋さん歓迎!
迎賓館・横田裁判の完全無罪をかちとる 4・29集会

 午後1時開場、2時開会 場所 渋谷区勤労福祉会館
 福嶋昌男さんは出獄以来、体調を整えながら裁判闘争を着実にたたかううことを最優先させてきました。現在は体力も回復し、無罪判決に向けてみんなで全力をあげていこうと誓うときがきたと思います。

 そして4月29日は、福嶋さんに加え、須賀さん、十亀さん、板垣さんの4人が初めて一堂にそろう集会となります。そもそも4人は同じ事件の共犯とされながら、不当にも別々の裁判を強制されてきました。

 3人への無罪判決が福嶋さんの保釈に大きく影響したように、4人が力を合わせともにたたかうことが、全員の完全無罪を力強くたぐりよせるのです。

 この日の集会では、これまでの十万人保釈署名運動を大きく飛躍・発展させ、4人の完全無罪をかちとることをめざす新たな運動体の立ち上げを提案することを予定しています。

 4人を本当の自由の身にするためには、無罪判決をかちとり確定させることが必要です。4人とともに長期勾留を打ち砕いた十万人保釈署名運動の力をあらためて結集させ、拡大しましょう。多くの皆さんの参加と賛同を心より訴えます。
http://www5c.biglobe.ne.jp/~hosyaku/より転載
福嶋昌男さん歓迎の花束贈呈

80名以上の参加者。


福嶋さんの挨拶  →
(写真がなかったので
保釈出獄の時の写真を拝借)



、家族挨拶、
福嶋弁護団の発言の後、
第一部の終わりに、「ヨッシーとジュゴンの家」のライブ。セッティングの間に、
則子さんが辺野古報告と辺野古への参加をアピール 
「辺野古の海から」「石原ファシスト」の2曲を歌いました
板垣さん、足立昌勝さん(関東学院大学教授)など沢山の方がCDお買上げ。辺野古・若者カンパは8.472円でした
「迎賓館・横田裁判の完全無罪をかち
とる会」(仮称)発起人・桜井善作さん
木村まきさんのお話
「横浜事件再審開始までのたたかい」
内山弁護士(須賀・十亀・板垣弁護団)
(この写真は、16年間の未決勾留を打ち破り保釈出獄の時の写真をホームページから拝借)
被告人からのアピール。

板垣さん、十亀さん、須賀さん、福嶋さん
関町に戻ってきて、
「街」のお客さんの
チャンポン屋さんで夕食


ヨッシーのダブル・チャンポン →

4月28日(木) 日誌
  「ジュゴンの家」日誌 から転載
 昨日からじゅごんの家のメンバーも、ヤグラに泊り込み、夜通しの警戒をしました。同じように昨日から休む間もなく、ヤグラで座り込みを続けている人達もいます。あちらの作業員やダイバーは昼夜交代制でやっていますが、こちらは人員不足のため交代体制が取れない状態です。このまま今夜もヤグラに泊り込まなければならないでしょう。

 人を必要としています、このHPをご覧の皆さん、辺野古に集まってください!それぞれの場所で、違法な作業を止めるためにできることを考え、力を貸してください。よろしくお願いします!!
座り込み376日目  泊まりこみ3日目
写真速報
「ジュゴンの家」のメンバーは今日も泊り込みました。同じようにヤグラに泊り込んでいる人も居ます。
しかし、体力的にもかなり疲労しています。29日からはGWに入ります。
普段来れない方も、1人でも多く辺野古に集まってください!
まだまだ人が足りません!!1日でも数時間でも構いません!!
ゼヒ辺野古に来て座り込んでください!!夜座り込める方、大募集!!
第5ポイントは金網で
完全に封鎖されているため、
はしごを掛けてそこから
上り下りします。
下まで金網だらけ。こっちも入れないが作業員も入れない。 一番下の段は金網ハンモックで
結構快適。
←はしごを上るゆっくん
「金網ってちょっと
    Rockじゃない?」

  管にもたれかかるサオリ→
←おはようございます。
朝の歯磨き。

朝食はコンビニで
      買ったお菓子!?→
朝から金網の補強をする
作業員
落ちる落ちる。
互いに怪我だけはないように
辺野古の速報は

ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!
2005年04月29日
施設局船来ました。
パシフィック船団3隻が来ました。警戒態勢。
交渉の末、ちょっとした作業だけ認めた。
今のところ、強行の気配はありません。
パシフィックの別班3隻は3ポイントへ。
サンコー3隻は5ポイントに来ています。  
Posted by kitihantai555 at 09:56TrackBack(0)
施設局船出港
今日は祝日ですが、辺野古漁港から施設局チャーター船が出港しました。
  
Posted by kitihantai555 at 08:05TrackBack(0)
   交 代
夜間、各やぐらで泊まり込みで警戒していた人たちが辺野古漁港に帰ってきました。
ほんとにおつかれさま〜!(^O^)
そして、交代でこれからやぐらに向かいます。  
Posted by kitihantai555 at 07:53TrackBack(0)
2005年04月28日

  施設局船、交代でまた来ました。

昼間でていた施設局船はシュワブに施設局員を降ろし、帰っていきました。
その交代で、新たに施設局船がやぐら周囲に来ました。
昨日は日没後も作業をした。
施設局は自らの決めたルールさえ守ろうとしない。  
Posted by kitihantai555 at 18:38TrackBack(1)
 にらみ合い
午後も施設局は動きだしました。
第1やぐらにはパシフィック船団が来ています。
連日連夜、辺野古の海を巡る施設局との攻防が続いています。

人殺しの基地を造るために働く彼らを見て、つくづく情けなく思う…  
Posted by kitihantai555 at 14:30 TrackBack(0)
  泊まり込み2日目
24時間体制も2日目になった。向こうは夕方4時頃に交代をし警戒船1隻、得体のしれない黒いゴムボートが1隻、各単官にへばりついている。昨夜は夜9時頃まで作業員、ダイバーの動きがあった。ルール違反の夜の作業に強く抗議する。

  
Posted by fukukuru7775 at 09:47TrackBack(0)

この記事は、沖縄辺野古想いをつなげるカヌー隊のホームページから

  施設局来ました。
第1やぐらに施設局パシフィック船団が来ました。警戒態勢。
海中の写真撮影を要求。それは認めました。
ダイバー1人が潜水、こちらからも潜って、作業していないかを確認。
サンコーは2やぐらへ。  
Posted by kitihantai555 at 09:16TrackBack(0)
    おはようございます。
今日もやぐらに泊まり込みでした。

Posted by kitihantai555 at 09:04TrackBack(0)
28日の「街」
昼食  引越しの終わったオオイちゃんから差し入れのケーキ
夕食は夏のように暑かったので、ザルそば。トミタさんからもらったいなり揚げ
お稲荷さん
28日の国会前、座り込み
参加者7人、カンパ1.000円。
みんな辺野古の人たちのことを心配していました
28日の防衛庁抗議行動
参加者、約80名
約束を破って、早朝・夜間に工事を
強行しようとする防衛施設局に怒りが
爆発。

辺野古の当山さんから電話報告。

「今日も徹夜でヤグラに登っています。
非常に厳しい闘いが続いているが、
杭一本打たせない!」
辺野古に集まってください!辺野古命を守る会
海上・テントでの阻止行動がボーリング調査を阻止し続けています!
辺野古に集まってください!
24時間阻止態勢をのりきるには、さらに多くの人が必要です!

4/28pm14:00現在の状況をお知らせします。

 現在、ボーリング調査をめぐってこう着状態が続いています。依然として那覇防衛施設局は「夜も作業を行なう」ことを宣言しています。本日16時から、県民会議が那覇防衛施設局にたいして抗議行動を行ないます。夜間作業への追求、糾弾がたたかわれます!

 昨夜、那覇防衛施設局は日没後の夜間も作業を強行してきました。4隻以上の作業船を出し、海上をライトを照らし、ダイバーを海に潜らせたのです。それにたいし、海上行動隊30名以上と阻止船がからだをはって、午後10時に作業を阻止しました。

4/27国会答弁において山中昭栄那覇防衛施設庁長官は「日中だけと決めない、必要な作業は必要な時に行なう」と言い、みずからの作業計画すらふみやぶり、24時間態勢でボーリング調査を強行することを表明しました。そして那覇防衛施設庁はマスコミ取材にたいし「夜間の作業をしないという作業計画は掘削作業のこと。それ以外は対象外」と苦しい言い逃れをしています。しかし、そもそも作業計画では、「ジュゴン生態に配慮して日没、日の出一時間前の作業は行なわない」「出港・帰港を含む作業時間を日の出から日没まで」と、船の航行時間を含めて「作業」とし、その時間帯は作業をしないと規定しているのです。うそとぺてんで見解を覆し、作業計画を踏み破り、闇討ち同然にジュゴンの海をつぶして軍事基地を建設する・・これが政府のやることでしょうか? しかし政府は9年間のたたかいにおいつめられています。

 辺野古での阻止行動、全国のたたかいがもっともっと大きな力になればぜったいに基地建設はとめられます。
なによりもいま、辺野古に駆けつけてください!

4月H へ 5月@へ
2005年「街」日誌へ









inserted by FC2 system