日  誌
辺野古 阻止行動船カンパ
カンパ報告の頁へ 
 上記、カンパはすでに「命を守る会」に手渡し致しました。
今後、順次、カンパをいただいた団体名、また個人についてはイニシャルで報告していこうと思っています。
ありがとうございました。m(__)m

辺野古と共に!国会前座り込み
 国会座り込みの様子を毎日更新!!

プロテスト
バンド
 
ヨッシー&ジュゴンの家
10月スケジュール
10月21日(金)
緊急企画 まよなかしんやコンサート in TOKYO
 
戦争のための基地は沖縄にもどこにもいらない!
★まよなかしんや★沖縄トーク&ライブコンサート

※友情出演 ヨッシー&ジュゴンの家

■日時 10月21日(金)午後6時半
■場所 杉並区荻窪地域区民センター(B2・音楽室)
      (杉並区荻窪2-34-20 Tel 03-3398-9125, JR/丸の内線 荻窪駅南口下車徒歩12分)
■会費 1000円

□主催「まよなかしんやコンサート」実行委員会 
(呼びかけ:とめよう戦争への道!百万人署名運動杉並連絡会・杉並星野文昭さんを救う会・NO BASE HENOKO TOKYO)

□連絡先:東京都目黒区南1-24-14 03-3723-1014(NO BASE HENOKO TOKYO事務局)
           東京都杉並区久我山1-8-420  03-3332-7033(百万人署名運動杉並連絡会)
 
※地図や詳細な情報はNO BASE HENOKO TOKYOのブログに掲載しております。 →http://blog15.fc2.com/henokotokyo/
10月29日(土) 国分寺エクスペリエンス ライブ  午後7時スタート 参加費 1.000円
2005年10月F

10月Eへ 10月Gへ

10月19日(水)
昼食は天ぷらそば イナリ寿司
リンタローと保谷さん 可燃物は関の湯さんへ
リンタローと下地さん バクさんと下地さん
夕食はイワシ丼 スペシャル豚汁

19日の国会前、座り込み
参加者 6名、カンパ400円。
国会前444日目 すっかり秋も深まり、寒いくらいです。
毎日パネルを広げてくれる山口さん
菊地さん ほっとスペース八王子のヤスベエさん
再編 米戦略が優先/国防総省部長、県に説明 沖縄タイムス 2005年10月19日(水) 夕刊 1面
 大詰めを迎えた米軍再編協議に伴う普天間飛行場の移設問題で、米国防総省のジョン・ヒル日本部長が来県し、県幹部や複数の与党県議と意見交換していたことが十九日までに分かった。この中で、同部長は、名護市辺野古リーフ内縮小案(浅瀬案)の受け入れを条件に、嘉手納基地以南の基地を本島北部に集約する案を検討していることを説明。稲嶺恵一知事が求めている普天間飛行場の県外移設については、「米軍再編は、沖縄の負担軽減に特化した日米特別行動委員会(SACO)とは異なる。米国の世界戦略で決まる。沖縄側に過度な期待がある」と指摘し、地元の意向が反映されない結論もあり得るとの見方を示した。

 ヒル部長は十七日、複数の与党県議、県の花城順孝知事公室長と個別に面談。最終局面を迎えた米軍再編に対する米側の考え方と再編案を説明し、沖縄サイドの意見を聞いた。

 面談でヒル部長は、普天間飛行場の移設問題について「普天間飛行場の即応能力を検討した結果、県内がいいということになった」と説明した上で「現行案は現実的ではない。浅瀬案がいい案と考えている」と米政府として浅瀬案を推進したい意向を示した。

 また「移設が実現しない現状を見ても、SACO合意は不可能。二年半の検討で浅瀬案が最終案になった」と現行の辺野古移設計画の実現性を否定。県外移転については「すでに検討を終えている」とし、可能性を否定したという。

 兵力削減については「ハワイ、グアム、沖縄のバランスをとる方向で検討している」と述べ、沖縄の負担軽減を示唆。その上で「(削減後に)沖縄に残された部隊を本島北部に集約・統合することを考えている。今後、具体化を図る上で能力を低下させずに、いかに再編するかが前提」との考え方を示したという。

 これに対し、与党県議からは「県民世論は県外移転を求めている。基地に対する不満はマグマのように充満している」「SACO合意はどうなったのか」「基地の北部集約で、基地の機能強化になる」などの反発の声が上がった。

 また、県庁で面談した花城公室長は「浅瀬案も現行案(辺野古沖案)同様に問題があり、混乱を招く。現行計画以外であれば県外移設を求める」と県の従来見解を伝えた。

 これに先立って十五日、米国務省東アジア太平洋局のスティーブンス主席次官補代理が、稲嶺知事に対して、同様の方針を伝えている。
北部集約、県に“打診” 米国防総省日本部長、非公式に来県  琉球新報(10/19 10:32)
 米軍再編協議を担当する米国防総省のジョン・ヒル日本部長が非公式に来県し、18日までに、普天間飛行場の移設先を名護市辺野古「浅瀬案」とすることを条件に、中南部の基地の大半を北部に集約する形となる日本政府と同様の負担軽減策を県と複数の与党県議に説明していたことが分かった。与党県議との会談で、ヒル部長は「浅瀬案は米政府の最終案。それが県内のほかの基地返還の条件」と明言し、同案を推し進める強硬な姿勢を示したという。県は17日、稲嶺恵一知事や三役ではなく花城順孝知事公室長が県庁で応対し、負担軽減に関する米側の考え方について説明を受けた。

 ヒル部長は浅瀬案と負担軽減策を打ち出した場合の県民の反応を測るために来県。複数の与党県議に対し「地元(名護市)の意向を尊重したい」と述べ、同案を受け入れればキャンプ・キンザーなど中南部の基地の大半を北部に集約する負担軽減策を実施する考えを示し意見を聞いた。

 同席した与党県議からは「SACO(日米特別行動委員会)合意はどうなったのか」「これまで県外移転は検討したのか」「知事や関係市町村の意見も聞くべきだ。頭越しだ」などの疑問や反発の声があった。

 これに対しヒル部長はSACO合意について「不可能だ。2年半前からいろいろ検討した結果、今の案(浅瀬案)になった」と説明。県外移転の検討については具体的言及を避け、米軍再編で「沖縄、ハワイ、グアムは米軍基地の重要な拠点になる」との認識を示した。

 稲嶺知事や関係市町村からの意見聴取については「米軍再編は沖縄に特化したSACOとは異なる。米国の世界戦略によって決定されるものだ」と述べ、SACO合意の手続きとの違いを強調、現行計画を主張する稲嶺知事の意向を取り入れる考えがないことを明らかにした。
「シュワブ沿岸」強調/自民党額賀氏  沖縄タイムス 2005年10月19日(水) 朝刊 2面
 自民党安全保障調査会の額賀福志郎会長は十八日、米軍再編に伴う普天間飛行場の移設先について、「(現行計画を)いったん白紙に戻し、現実的対応を考えるべきだ。そのためにキャンプ・シュワブの陸と海をつなぎ合わせる案を提案した」と、あらためてシュワブ沿岸案を支持する考えを強調した。都内で行われた県選出の西銘恒三郎衆院議員の政治資金パーティーの席上、述べた。

 額賀氏は米軍再編の日米合意が大詰めを迎えていることを説明した上で、「北東アジアは不安定要素が多い。(在日)米軍の能力を減らさず、抑止力を維持し、負担を軽減することが大切だ」と持論を展開。

 普天間飛行場の移設先には「海兵隊はヘリ機能と実戦部隊を分けては置けない。ヘリ機能は沖縄に置かなければいけないのが原則だ」と述べ、県内移設の必要性に言及。給油部隊の県外移設は可能とした。

 また、米軍嘉手納基地など、国内の空軍基地の管理権や管制権を日本側に移す必要性も訴えた。
辺野古の速報は  ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!
 沖縄 辺野古想いをつなげる カヌー隊
2005年10月19日
ce18b5fd.jpg

シスターの方々

午後になりました。今日も天気がよく、日差しが強いです。
今、団体でシスターの方々が来られ、座り込みに参加されています。
テントには様々な宗教、宗派の人たちが同じ目的を目指して集まってくるんです。  
Posted by kitihantai555 at 14:41TrackBack(0)
4c72c9fd.jpg

手作りじゅごん

テントでは、手作りのじゅごんのぬいぐるみが売られています。手作りなので数は少ないですが、一つ一つ丁寧に作られています(^^)  
Posted by kitihantai555 at 14:31TrackBack(0)
1fdca87c.jpg

おはようございます。

米軍再編による沖縄の基地計画の全体像が見えてこようとしています。
どう考えたって「移転」は基地負担軽減ではない。

今日も辺野古では、沖縄の本当の「基地縮小」につながる座り込みが続けられています。  
Posted by kitihantai555 at 09:15TrackBack(0)
59d2b2c9.jpg

『北部地域が要塞化』!!!

本日の新聞です。
「在沖米軍負担軽減策の全容判明」
とんでもないことになる!要は中南部の基地の北部地域への移転。辺野古を含む北部地域は正に米軍の要塞と化す!これは許されないことだ!

←詳しくは新聞を!  
Posted by kitihantai555 at 21:00TrackBack(0)
2005年10月18日
4fa4870f.jpg

映画『MarinesGoHome』

いよいよ今週末から公開の映画『Marines Go Home』
辺野古・韓国の梅香里(メヒャンニ)・北海道の矢臼別(やうすべつ)の闘いを伝える長編ドキュメンタリー。監督:藤本幸久

那覇・桜坂劇場 10/22(土)〜  
Posted by kitihantai555 at 16:25TrackBack(0)

10月18日(火)
三分間ダイエット  本多さん差し入れのサンマで新作 ↓
 サンマのしょうがバター焼き
 
No.15135 サンマのしょうがバター焼き
材料 4人分
サンマ 4尾
(A)  
・青じそ 10枚
・みょうが 4個
・白ネギ 1本
おろししょうが 大さじ4
サラダ油 大さじ1
バター 大さじ1
チャービル 適量
青じそ(盛り付け用) 適量
みょうが(盛り付け用) 適量
適量
手順
(1)サンマはえらの下に包丁をいれて腹を開き、ワタをのぞいてきれいに洗い、半分に切って塩をふります。
(2)(A)の青じそ、みょうが、白ネギはそれぞれみじん切りにし、おろししょうがの半量とあわせて、(1)のサンマの腹に詰め、残りはまわりにまぶします。
(3)フライパンにサラダ油、バター、残りのおろししょうがを入れて熱し、サンマを表が下になるように並べ、両面をこんがり焼きます。
(4)(3)を器に盛り、好みで青じそ・みょうがの千切り・チャービルなどを添えます。
コメント
バターとしょうがの香りが、サンマによくあう一品です。
カブの牛乳スープ 料理説明をするハネやん
今はやりの黄な粉餅の差し入れ 夕食はカキ・白子・鶏なべ 鶏肉、欲しいワン

18日の国会前、座り込み
参加者  名、カンパ  円。
   その前に、靖国参拝抗議の首相官邸前行動へ
辺野古の速報は  ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!
 沖縄 辺野古想いをつなげる カヌー隊
2005年10月18日
9c12e48b.jpg

海人の話

団体さんに座り込みに参加しているあの海人さんが話をしています。

「この海を壊したら沖縄中の海が影響を受ける。絶対に壊してはいけない。」  
Posted by kitihantai555 at 14:46TrackBack(0)
3927b4e2.jpg

辺野古の海を見学

団体さんがボートや船で案内されて、辺野古の海を見学しています。テント前の砂浜、岩場から乗り込み、辺野古の海に向かいます。  
Posted by kitihantai555 at 11:14TrackBack(0)
3925b07b.jpg

おはようございます。

今日は朝早くから団体さんが来られました。大勢の気持ちで基地建設反対の意思を示していきましょう。

今日も朝方はひんやりしています。ただ、日差しは熱いです。  
Posted by kitihantai555 at 08:16TrackBack(0)
2005年10月17日
186d2f11.jpg

座り込み547日目

今日も沖縄各地、日本各地、世界各地から座り込みに参加されました。

辺野古の問題は今、大きな転換期に差し掛かっています。注目してください。そして声をあげましょう。みんなで基地建設を止めていきましょう!!  
Posted by kitihantai555 at 23:50TrackBack(0)
次期名護市長選の後継者選定に関心 政府  琉球新報 (10/18 9:41)
【東京】岸本建男名護市長の17日の次期市長選不出馬表明は政府にも驚きを与えた。普天間飛行場移設問題では岸本氏が辺野古浅瀬案への支持を表明し、米側がそれを根拠に浅瀬案を強硬に主張、在日米軍再編論議に大きな影響を与えていただけに、再編問題にかかわる省庁からは「これで米側が浅瀬案を主張する論拠が崩れた」との声も上がった。

 防衛庁首脳はこの日、記者団から普天間移設問題への影響を問われると、1996年から98年にかけての辺野古沖移設問題の経緯に言及。「当初、移設に一定の理解を示していた大田昌秀前知事は県内世論に押され、最終的には受け入れを拒否した。こうした『SACOの教訓』に学ぶ必要がある」と述べ、県内首長の意向に頼って移設問題を決めることの危うさを強調、「(政府案は、岸本氏の不出馬を)織り込み済みだ」と述べ、沿岸案の正当性を暗に示唆した。

 別の省庁関係者は岸本市長の後継者選定に関心を寄せ「普天間代替の現行案を容認している岸本路線を引き継ぐ後継者が当選すれば、現行案以外の名護市内への移設案のいずれかが日米間で決まったとしても、進められる余地はまだあると思う」と指摘。

 その一方で「対立候補が勝った場合、普天間の移設そのものがSACO以前に逆戻りする可能性がある。普天間飛行場が宜野湾市に残り、北部振興策も中止になりかねない」と話した。
基地の大部分北部集約/在沖米軍負担軽減策の全容判明  琉球新報(10/18 10:31)
【東京】在日米軍再編に伴う沖縄の負担軽減策の全容が17日、分かった。「戦後、強制接収された人口密集地の基地を極力、返還する」が基本方針。中南部の基地の大半を北部に集約する形になる。普天間飛行場移設のほか、
(1)牧港補給地区(キャンプ・キンザー)と那覇軍港は全面返還し、キャンプ・ハンセンかシュワブに移転
(2)キャンプ瑞慶覧は、SACO最終報告に基づいて新設した家族住宅や海軍病院などを除き、大半を返還
(3)キャンプ桑江も一部返還
(4)嘉手納基地の常駐機F15や外来機の訓練の一部を本土に巡回移転し、騒音防止協定順守を図る
(5)キャンプ・コートニーの第三海兵遠征軍司令部をグアムに移転し、瑞慶覧の在沖米海兵隊基地司令部と厚生施設をコートニーに移転―が柱だ。グアムへの沖縄からの兵員移転数は約五千人。

 こうした基地の大幅な整理・縮小には数千億円の費用が見込まれている。財政難を理由に政府内では異論もあったが、小泉純一郎首相もこの方針を了承した。米側も大筋で理解を示している。29日にも開く日米安全保障協議委員会(2プラス2)=日米外務・防衛担当閣僚協議=で正式合意する再編協議中間報告に明記する方向で、日米が最終的な調整を進めている。

 普天間飛行場は日本側がキャンプ・シュワブ沿岸部(兵舎地区)を推し、米側が辺野古浅瀬案を推す構図が続いている。

 普天間飛行場は
(1)ヘリ基地
(2)空中給油
(3)緊急時の外来機の離着陸
―の三つの機能があるが、移設先には(2)と(3)の機能は移さない。常駐のKC130空中給油機は鹿屋基地(鹿児島)=海上自衛隊=へ移転する。SACO最終報告で空中給油機は岩国基地(山口)=米海兵隊=へ移転する予定だったが、厚木基地の空母艦載機が岩国に移転することから、負担の分散を図るため、鹿屋へ移る。

 普天間の緊急時の代替基地機能は、千歳(北海道)、築城(福岡)、新田原(宮崎)など本土の各基地=いずれも航空自衛隊=へ分散する。嘉手納基地所属のF15や外来機の一部訓練の移転先もこれらの本土の空自基地となる。

 キンザーや那覇軍港はハンセンかシュワブに移す予定だが、普天間飛行場の移設先問題とも連動するため、最終的には決着していない。既存基地内に収容し、新規接収はしない方針だ。瑞慶覧は厚生施設が集中している区域に加え、現在の海兵隊基地司令部がある区域も返還する。

10月17日(月)
昼食は焼き鳥丼 大越さんも食べます ムラマッちゃんの差入れのワサビ
 雨・上田さんがボランティア  大越マイスターの日
 リンタローとパイタン →
珍宝堂の社長からメロンパンの大量

差入れ。間違えるので、名前を

書いて、配給
 夕食はサンマ炊き込みご飯


湯豆腐、キノコ汁、

デザートは初柿

17日の国会前、座り込み
自立支援法案反対・「ホットすぺーす八王子」ヤスベーさんたち10人で参加
辺野古の速報は  ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!
 沖縄 辺野古想いをつなげる カヌー隊
2005年10月17日
dc92a262.jpg

人が人を殺してはいけない

「世界平和は人が人を殺してはいけないという不殺生戒の信受と実践によってつくられます」
(2005沖縄平和祈念行脚のチラシより)
この後、辺野古の浜に向かい、また行脚に出発されました。おつかれさまです!  
Posted by kitihantai555 at 16:36TrackBack(0)
654a2613.jpg

沖縄平和祈念行脚

「人を殺すな!戦争するな!'05沖縄平和祈念行脚 辺戸岬〜摩文仁」
日本山妙法寺のお坊さんの皆さんが辺野古テント村を訪問されています。  
Posted by kitihantai555 at 16:30TrackBack(0)
ed6f9a5c.jpg

市役所入口で座り込み

今日は辺野古のおばあも駆け付けて抗議しました。今日も市長は「公務」を理由に会おうとしませんでした。

その後は市役所入口での座り込み。
市役所行動は平日毎日名護市役所で行われています。  
Posted by kitihantai555 at 12:35TrackBack(0)
7774a372.jpg

ランチタイム市役所行動!

「市長に会いたい!ランチタイム市役所行動」

今日は市長に対して、小学生が抗議の手紙を読み上げました。「海を壊さないで!」
市長さん、名護市の未来を担うこの子供たちの気持ちをちゃんと受け止めてください!  
Posted by kitihantai555 at 12:11TrackBack(0)
7d271d5c.jpg

おはようございます。

今朝はちょっと寒さを感じました。この夏(秋?)初めてのことでした。
そして、朝のテント村にも涼しげな北風が吹き込んできています。もうそんな季節になったんですね。

今日も朝から座り込みが始まっています。  
Posted by kitihantai555 at 08:59TrackBack(0)
2005年10月17日
31463296.jpg

白紙撤回しかダメです!

浅瀬案か沿岸案のどちらに決まろうとも、その基地建設が海を破壊し、沖縄の人々の生きる権利を奪い、世界の平和を乱すことに変わりはない。

本当に気付いてほしい。基地、戦争が世の中をダメにしていることを。。  
Posted by kitihantai555 at 20:31TrackBack(0)
シュワブ調査着手 普天間移設で日米両政府  琉球新報 (10/17 14:09) 
米海兵隊普天間飛行場移設問題で、日米両政府は17日、日本側が提案しているキャンプ・シュワブの兵舎地区と大浦湾の一部埋め立てる沿岸案や、米側が主張している辺野古浅瀬案の実現可能性を探るため、現地調査に実質着手した。16日までに、日本側から外務省、防衛庁、防衛施設庁の担当者、米側から駐日米大使館、在日米軍のスタッフが個別に沖縄入りし、在沖米軍側も加わり、実質調査を始めた。

 日米両政府は調査結果を踏まえ、今月下旬にも審議官級協議を再開して移設先を最終調整する。

 視察では、兵舎の移転規模を調べ、ジュゴンの餌場である藻場やさんご礁についても確認し、環境に影響の少ない滑走路の位置などを模索する。
沿岸案具体化に着手/普天間移設  沖縄タイムス 2005年10月17日(月) 夕刊 1面
 在日米軍再編での米軍普天間飛行場の移設先見直しで、政府は移設候補先に浮上しているキャンプ・シュワブ沿岸案を具体化するため、県内に調査団を派遣し、十七日から本格調査に乗り出した。米側が主張している名護市辺野古リーフ内縮小案(浅瀬案)の実現可能性についても調査する。

 調査団は外務省、防衛庁、防衛施設庁の担当職員らで構成。米国の政府関係者も立ち会う。一行は十五、十六日にかけて県内入り。数日間かけて現地調査を実施する。

 沿岸案は、キャンプ・シュワブ沿岸の米軍兵舎地区に滑走路を整備する案。陸上で足りない部分については海上を埋め立てるか、桟橋方式での建設が検討される可能性がある。

 調査では、周辺住民への騒音被害やジュゴンのも場など海域への影響を確認するほか、現在ある兵舎や娯楽施設などをどの程度移転する必要があるかについても検討する。
岸本市長、出馬断念へ/名護市長選  沖縄タイムス 2005年10月17日(月) 夕刊 1面
 来年一月二十二日に投開票予定の名護市長選で、岸本建男名護市長は十七日までに、体調不良を理由に三選出馬を断念する意向を固めた。同日午後、与党市議団との会合で正式に表明する。

 岸本市長は三選出馬に意欲を示していたが、先月下旬にあった与党市議団との会合では体調面で不安があることを説明。「任期中に何かあれば支持者への責任が持てない。後援会とも相談して決めたい」としていた。

 同市長は十六日に与党関係者らと会い、体調不良を理由に出馬を取りやめることを伝えた。

 同市長選には革新系市議の大城敬人氏(65)が出馬表明しているほか、野党や労組でつくる六者協議会などが、保守系市議の我喜屋宗弘氏(59)の擁立に向けて調整を進めている。
我喜屋宗弘氏に出馬打診 名護市長選で野党6者協  琉球新報 (9/28 9:08)
【名護】来年1月の名護市長選挙に向け現職の岸本建男氏(61)の対立候補の擁立作業を進める革新系の政党、労組の6者協議会が保守系無所属の同市議会議員、我喜屋宗弘氏(58)に出馬を打診していることが27日までに分かった。普天間飛行場の辺野古沖移設を容認する現職に対し辺野古移設見直しを打ち出す方向で調整している。我喜屋氏も前向きに検討しており、保革相乗り候補として出馬の可能性がある。

 社大、社民、共産、北部地区労、自治労北部総支部、名護市職労の6者協は、「普天間代替施設の名護市移設反対」を基本に「保革の枠を超えた幅広い人選」の方向性を確認。人選作業の中で、辺野古移設に批判的なスタンスの我喜屋氏に出馬を打診した。
 保守系市議の一部も我喜屋氏擁立の意向で、27日は市議会内で与野党市議が会合を持ち、一本化の動きが表面化した。

 6者協の政党、労組は今後、我喜屋氏と面談の上、擁立を組織論議する。共産党内には、我喜屋氏が辺野古沿岸移設促進決議に賛成した経緯から慎重論もある。

 6者協内部では、先の衆院選沖縄第1選挙区で「反自公」の下地幹郎氏が当選したことで保革を超えた人選が加速。岸本市長が普天間辺野古移設で現計画に代わるリーフ内縮小案を容認する見解を示したことから、辺野古移設に批判的な我喜屋氏擁立の動きが浮上した。

 我喜屋氏は市議6期目。同市議会議長も務めた。
靖国参拝抗議の首相官邸前行動
百万人署名事務局です。明日の行動に参加しましょう。

明日正午から首相官邸前で小泉首相の靖国参拝強行に抗議を!
 
本日(10月17日)、小泉首相はまたもや靖国神社参拝を強行しました。
 
 日本の侵略戦争で多大な被害を受けたアジア諸国や日本国民の「参拝中止」の声そして司法の相次ぐ「首相の参拝は憲法違反」との判決に背を向けて、靖国神社参拝を強行した小泉首相に強く抗議し、明日(18日)正午から、首相官邸前での緊急共同抗議行動をよびかけます。
 ぜひご参加下さい。        
 <緊急共同抗議行動>
 ◎呼びかけ団体 
 平和遺族会全国連絡会、NCC(日本キリスト教協議会)靖国神社問題委員会、「靖国 参拝違憲訴訟の会・東京」、政教分離の侵害を監視する全国会議

◎日時=10月18日(火)正午から約1時間。雨天決行。
◎場所=千代田区永田町の首相官邸前(集合は30分前に衆議院議員面会所に。地下鉄国 会議事堂前又は永田町下車)
◎各団体の抗議声明、のぼり、横幕、プラカードなどをご持参下さい
◎行動終了後、内閣府を通じて抗議声明提出と申し入れを予定
◎問い合わせ先 
 電話・FAX042・574・9210(西川重則・平和遺族会全国連絡会代表)
 電話・FAX03・3803・4671(須賀誠二・NCC靖国神社問題委員会委員長)
*********************************
とめよう戦争への道!百万人署名運動
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/
e-mail million@mqc.biglobe.ne.jp
TEL.FAX.03-5211-5415

10月Eへ 10月Gへ
2005年「街」日誌へ









inserted by FC2 system